辛かった私の中絶手術

産むという選択はなかった

当時付き合っていた彼氏に、妊娠していることを告げました。
嘘だと思われるのも嫌だったので、電話やメールではなく直接会って話し、さらにはエコー写真も見せました。
彼氏に赤ちゃんができたことを告げると、最初は鳩が豆鉄砲を食ったかのような顔をしていました。
さらにエコー写真を見せると表情が固まったのがわかりました。
別れ話が出ていた時のことだったので、当然の反応と言えます。
私は彼氏が言葉を発する前に中絶することを告げました、しかし妊娠したことはお互いの責任であるため、中絶手術の費用については折半にすることを了承してもらいました。
一度行った産婦人科にはなんだかもう行けないと思ってしまい、私は中絶手術ができる病院を探して、自宅からは遠い病院を受診しました。
中絶手術を受けることを伝え、手術の日の予約をしました。

彼氏と別れる前に妊娠発覚 | 産むという選択はなかった | 産む気はなかったのに…

中絶手術の映像